革靴の手入れに必要なものが一揃い!おすすめシューケアセット 4 選

革靴初心者にとって、お手入れの道具を 1 から買い集めるのは大変ですよね。

クリーム、ブラシ、クロスなど「そもそも手入れにはどういうものが必要なのか」ということから調べないといけませんし、たとえば、一口にクリームと言っても様々な種類がありますので、どのクリームを選べばよいのかも調べないといけません。

それぞれの道具を一つ一つ吟味していくのは、とても労力・時間がかかるのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、手入れ・靴磨きに必要な道具がセットになっているシューケアセットです。

ちゃんとしたシューケアセットを購入すれば、手入れに必要なものが一通り揃いますし、それぞれの道具も一定のクオリティ以上のものが手に入ります。

この記事では、シューケアセットのなかでも特におすすめのものを 4 つご紹介しようと思います。

手入れに必要なもの

まずはじめに、多くのシューケアセットに共通して入っているものを確認しておきましょう。

この記事でおすすめするシューケアセットには、手入れに必要なものが一通り含まれているものを選びましたが、市場に出回るその他のセットには必要なものが不足している場合があります。

ご購入の際には以下のものが含まれているかチェックしておきましょう。

  • 土やホコリを取る「馬毛ブラシ」
  • 汚れを落とす「ステインリムーバー」
  • ステインリムーバーを塗るための「クロス」
  • 革に栄養を与える「乳化性クリーム・油性クリーム」
  • クリームを塗る・馴染ませるための「豚毛ブラシ・ナイロンブラシ」

土やホコリを取る「馬毛ブラシ」

靴の表面についている土やホコリを取るための、毛先の柔らかいブラシです。後述のステインリムーバーを塗る前に、土や埃を除去しておきます。

使用済みの歯ブラシでも代用できます。

汚れを落とす「ステインリムーバー」

馬毛ブラシでは落とせない、革の表面についた汚れや古いクリームを落とすのに使います。ステインリムーバーやクリーナーと呼ばれます。

革の表面に付着した古いクリームは通気性を損なう原因になるので、定期的にステインリムーバーを使って通気性を維持します。また、後述の乳化性クリームを塗る前に使用することで、クリームの浸透性が上がります。

汚れ落としの効果だけでなく、同時に革に栄養を与えられるローションやオイルもあります。

ステインリムーバーを塗るための「クロス」

ステインリムーバー塗るための、キメの細かい布です。

着なくなった T シャツで代用する方もいらっしゃいます。

革に栄養を与える「乳化性クリーム・油性クリーム」

一般に靴クリームと呼ばれるもので、革に油分を与えつつ蝋分(ロウ分)で表面を保護して、乾燥やひび割れなどを防ぎます。

乳化性クリームの主成分は「油・蝋・水」で、保湿効果が高いのが特長です。

一方、油性クリームの主成分は「油・蝋」で、ツヤ出し効果が高いのが特長です。

クリームを靴に馴染ませる「豚毛ブラシ・ナイロンブラシ」

クリームを革に塗ったり、馴染ませたりするためのブラシです。

ブラシがなければ、クロスでも代用できます。

おすすめのシューケアセット 4 選

今回はタイプ別に 4 つのシューケアセットをご紹介します。

  • コスパ重視の方に「M.MOWBRAY ✕ 銀座大賀靴工房 スターターセット」
  • 最高級を求める方に「SAPHIR ✕ 銀座大賀靴工房 シューケア クレム 1925 スターターセット」
  • パッケージがかわいい「KIWI シューシャインキット」
  • プレゼント・ギフトに「M.MOWBRAY シューケアキット BOX セット」

コスパ重視の方に「M.MOWBRAY ✕ 銀座大賀靴工房 スターターセット」

M.MOWBRAY(エムモゥブレィ)は、英国王室ご用達のシューケア用品の製法・ノウハウを継承する日本のシューケア用品ブランドです。

シューケアセットのなかでも、リーズナブルで品質 & 人気とも高いのがこの「M.MOWBRAY ✕ 銀座大賀靴工房 スターターセット」。

手入れから靴磨きまでこのセットで完結できるので、コスパ重視でシューケアセットを探している方におすすめです。

黒の革靴にはブラックセット、その他の色の革靴にはニュートラル(無色)セットを選びましょう。

最高級を求める方に「SAPHIR ✕ 銀座大賀靴工房 シューケア クレム 1925 スターターセット」

フランスの高級革靴クリームブランド SAPHIR(サフィール)。こちらは、その代表的な革靴用クリーム「クレム 1925」が含まれていることで人気のシューケアセットです。

SAPHIR は、エルメスをはじめ、世界的に有名なシューブランド・レザーブランドのレザーケア用品を手がけており、その品質は「最高峰」と言われています。

M.MOWBRAY のセットよりも価格は高いですが、一通りのケア用品が揃っている上に、プロも絶賛する「クレム 1925」の品質を確かめることができるので、こちらのセットもおすすめです。

黒や茶色の革靴は、とてもいい感じにツヤツヤになります。

パッケージがかわいい「KIWI シューシャインキット」

KIWI(キィウィ)は、オーストラリアで誕生したブランドで、キィウイ製のクリームを愛用したオーストラリア兵のピカピカの軍靴がイギリス兵やアメリカ兵の目に留まり、世界中に広まりました。

ボックスではなく缶タイプになっているこちらのセットは、パッケージにニュージーランドに生息する飛べない鳥キィウィが描かれており、とてもかわいいです。品質だけでなく、そのパッケージのかわいさからも人気の高いセットです。

わかりやすい手入れの説明書もついているので、初心者の方でも安心してシューケアを始められます。

プレゼント・ギフトに「M.MOWBRAY シューケアキット BOX セット」

こちらは、高級感のある木箱に収められた M.MOWBRAY のシューケアセットです。
価格は高いですが、セット内容が充実していて、ブラック、ブラウン、その他どんな色の革靴にこれ一つで対応できるので、プレゼントして喜ばれます。

木箱は一般的な下駄箱に収まるくらいのサイズなので収納にも困りませんし、玄関にインテリアとして置いておくのもアリです。

木箱は、あとで追加で買い足した用品もある程度入れられるので、長く使えるのもポイントです。大切な方へのプレゼントにおすすめです。

最後に

自分のこだわりのケア用品を一つ一つ揃える楽しみもありますが、初心者がいきなり全部揃えるのは大変です。

また、選び方を間違えたり、質の悪いものを選んだりして失敗してしまっては、手入れのモチベーションも下がってしまいます。

まずは、シューケアセットで必要なものを揃え、なくなったら対応するケア用品を買い足す、あるいは追加で他のケア用品をすこしずつ試してみる、というのが最初のステップとしておすすめです。

この記事を書いた人

カタオカケン

東京在住、靴作りに勤しむ 27 歳です。作るのはもちろん、靴を眺めたり、靴を磨いたりするのも好きです。鏡面磨きはなかなか上手くできません。

SNS をフォローする

コメントはこちらから