靴職人おすすめのメンズ革靴ブランドをフローチャートにしてみた

革靴を買おうと思ったとき、どのように探していますか?

「ふらっとお店に入って、なんとなく良さそうな革靴を選んで買う」

これでも良いと思いますが、せっかく買うのであればほんのすこしだけこだわって選んでみてはいかがでしょうか。

この記事では、50 以上のなかから厳選した革靴ブランドをフローチャート形式で紹介しています。

良質な素材が使われているか、きちんとした製法で作られているか、デザイン性が優れているかなど、靴職人の視点から「このブランドはオススメできる!」と自信をもって言えるものを選んでいます。

ビジネスシューズとして履けるものからカジュアルに履けるものまで幅広く登場しますので、自分好みにバッチリ合った一足がきっと見つかると思います。

「3 万円台」のおすすめ革靴ブランドフローチャート

3 万円台の革靴は、もっとも買いやすい価格帯の革靴です。

初めて革靴を買う方や、できるだけ安く購入したい方におすすめです。

「3 万円って高くない?」と思う方がいるかもしれませんが、長く愛用できる革靴を探すのであれば 3 万円を最低のラインとして考えましょう。

私が調べた限り、3 万円以下の革靴はコストが抑えられており、修理ができない構造であることが多いようです。

修理ができないと、人によっては 1 年たらずで革靴の寿命が尽きて履けなくなります。

頻繁に買い換えなくてはならず、3 万円で修理をしながら履くよりも、かえって高くついてしまうこともあります。

3 万円以上であれば、繰り返し修理ができる構造で作れらていることが多く、長く愛用することができます。

革靴にこだわりがなくても、最低価格を 3 万円台として革靴を探してみることをおすすめします。

トレーディング・ポスト(Trading Post)

トレーディング・ポスト(Trading Post)は、世界中の高級紳士靴を専門に取り扱うセレクトショップです。

数々の名靴を発掘してきた目を活かして展開しているのが、トレーディング・ポストのオリジナルブランド。

定番デザインの革靴が多く、どれを購入しても流行に左右されることなく長く履けるはずです。

「グッドイヤー・ウェルト製法」という頑丈な製法で作られているため、ガンガン履いてもへこたれません。

私が見た 3 万円台の革靴のなかでは一番革の質が良さそうで、ソールやコバの仕上げも丁寧です。

ガンガン履けるフォーマルな革靴をお探しの方には、トレーディング・ポストがおすすめです!

トレーディング・ポスト(Trading Post)について詳しく見る

フウガシン(Fugashin)

フウガシン(Fugashin)は、日本独特の芸術感性を表わす風雅(フウガ)という言葉を冠した日本のブランドです。

このブランドの魅力は、日本人の感性が生きる上品で繊細な雰囲気です。

販売している革靴は大きく分けて「グッドイヤー・ウェルト製法」と「ボロネーゼ製法」の 2 種類があります。

このうちボロネーゼ製法は、履き心地がとても柔らかい特殊な製法です。

ボロネーゼ製法の靴を取り扱っているブランドはそうそうないので、ふわっと軽く履ける定番のビジネスシューズをお探しの方にぴったりです!

フウガシン(Fugashin)について詳しく見る

バーウィック 1707(Berwick 1707)

バーウィック 1707(Berwick 1707)は、スペイン発祥のブランドです。

このブランドの特徴は、イタリアの靴のようなロングノーズで色気のある形状や、一風変わったデザインの革靴が多いことです。

革の質も程よく、手入れをしながら履けば愛着がどんどん増していくはずです。

意外にも、3 万円台で変わったデザインの革靴を取り扱っているブランドはなかなかありません。

ちょっと遊び心のあるカジュアルなデザインの革靴をお探しの方におすすめです!

バーウィック 1707(Berwick 1707)について詳しく見る

フォーティセカンド ロイヤル ハイランド(42ND ROYAL HIGHLAND)

OGP:CHN7001-31 / Navy | 42ND ROYAL HIGHLAND Explorer

フォーティセカンド ロイヤル ハイランド(42ND ROYAL HIGHLAND)は、素材を含めゼロから自社で企画・開発する日本の革靴メーカーです。

数多くのセレクトショップの靴作りを手がけながら、オリジナルブランドの商品も取り扱っています。

3 万円台で購入ができるのは、下記の 3 つのラインです。

  • スタンダードなデザインが魅力の「GOODYEAR WELTED」
  • カジュアルなデザインが特徴の「Navy Collection」
  • カントリーな雰囲気のある「Explorer」

この 3 つのラインのうち「Explorer(エクスプローラー)」は、フランスの名門靴「パラブーツ」を彷彿とさせるカジュアルなデザインが魅力です。

手間のかかる手縫いの製法を採用しており履き心地が柔らかいのもポイントです。

流行りのデザインを取り入れたカジュアルめな革靴をお探しなら、このブランドの「Explorer」がおすすめです。

フォーティセカンド ロイヤル ハイランド(42ND ROYAL HIGHLAND)について詳しく見る

3 万円台で買えるブランドは【コスパ最強】靴職人が選ぶ 3 万円台で買えるおすすめの革靴ブランドまとめでまとめていますので、ぜひ合わせてご覧ください。

「4 〜 5 万円台」のおすすめ革靴ブランドフローチャート

4 〜 5 万円台は、ちょっといい革靴をお探しのビジネスマンの方や、革靴にこだわりたい方におすすめの価格帯です。

長く履ける製法で作られているのはもちろんのこと、3 万円台よりも良い素材が使われていることが多く、ソールやコバの仕上げもより丁寧です。

革質が良かったり仕上げが丁寧だったりすると、全体を見たときの印象がとても綺麗に見えます。

また、木型(靴を形作るベースのようなもの)が足に合わせた複雑な設計をしていることが多く、ワンランク上の履き心地を楽しむことができます。

「足に合う靴が見つからない」という方も、この価格帯から探してみるとピッタリ合う革靴が見つかるかもしれません。

レンド(RENDO)

OGP:PLAIN TOE DERBY R7704

レンド(RENDO)は、東京・浅草発の革靴ブランドです。

「次に革靴を買うことがあったら、すべてここの靴にしたい」という人がいるほど履き心地の評判が良いのが特徴です。

コバやソールの仕上げもとても綺麗で、日本ブランド特有の丁寧な作り込みが魅力です。

「グッドイヤー・ウェルト製法」で作られており、ソール周りはどっしりとした印象があります。

定番のデザインが多く、どれを購入しても大活躍は間違いありません。

どっしりとした重厚感のあるビジネスシューズをお探しなら、レンドでお気に入りの一足を探してみてください!

レンド(RENDO)について詳しく見る

オリエンタル(Oriental)

オリエンタル(Oriental)は、奈良に工場を構える日本の革靴メーカーです。

この価格では珍しく、ビスポークに採用されるような意匠をたくさん取り入れています。

たとえば、ヒールに傾斜をつける「ピッチドヒール」やソールの土踏まず部分を盛り上げる「フィドルバック」などです。

これらの意匠を取り入れることで、まるでビスポークのような美しいシルエットに仕上がっています。

履いていれば「おっ、靴にこだわってるな」と分かる人には分かるはずです。

ほっそりとしたエレガンスなビジネスシューズをお探しの方におすすめです!

オリエンタル(Oriental)について詳しく見る

ペルフェット(Perfetto)

ペルフェット(Perfetto)は、有名なブランドやアパレルなどの OEM(外注)生産を請け負ってきた「ビナセーコー」が立ち上げたブランドです。

ペルフェットとは「完璧」を意味するイタリア語で「完璧な靴づくりを目指す」という意志が表れています。

イタリア靴のようなロングノーズで色気のあるデザインの革靴を多く取り扱っているのが、このブランドの特徴です。

アッパー(靴のソールから上側)に使用されているのはイタリア産の革で、手入れすればするほどそれに応えるように色艶が増していくと思います。

色気のあるカジュアルめな革靴をお探しの方は、ペルフェットをぜひ候補に入れてみてはどうでしょう!

ペルフェット(Perfetto)について詳しく見る

フォーティセカンド ロイヤル ハイランド(42ND ROYAL HIGHLAND)

OGP:CH6615S-CB01 / Black | 42ND ROYAL HIGHLAND Navy Collection

フォーティセカンド ロイヤル ハイランド(42ND ROYAL HIGHLAND)は、セレクトショップの靴作りやオリジナルブランドを展開する日本の革靴メーカーです。

このブランドは、3 万円台のおすすめブランドにも登場しました。

4 〜 5 万円台で購入ができるのは、下記の 3 つのラインです。

  • スタンダードなデザインが魅力の「GOODYEAR WELTED」
  • カジュアルなデザインが特徴の「Navy Collection」
  • カントリーな雰囲気のある「Explorer」

このなかでも、「Navy Collection」では一風変わったデザインの革靴を多く取り揃えています。

ほかのブランドではあまり見かけないようなボタンブーツや、側面にゴムがついたサイドエラスティックシューズなどがあります。

ちょっとカジュアルで個性的な革靴をお探しの方におすすめです。

フォーティセカンド ロイヤル ハイランド(42ND ROYAL HIGHLAND)について詳しく見る

4 〜 5 万円台で買えるブランドについては国産ブランドが上位独占。5 万円台まででおすすめの革靴をランキングにしてみたらでもまとめていますので、合わせてご覧ください。

この記事を書いた人

カタオカケン

東京在住、靴作りに勤しむ 27 歳です。作るのはもちろん、靴を眺めたり、靴を磨いたりするのも好きです。鏡面磨きはなかなか上手くできません。

SNS をフォローする

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です