靴職人おすすめのメンズ革靴ブランドをフローチャートにしてみた

「6 〜 9 万円台」のおすすめ革靴ブランドフローチャート

6 〜 9 万円台の革靴は、普通の靴では物足りない大の靴好きの方におすすめの価格帯です。

一目で分かるほど個性的なデザインをしていたり、独自で開発した素材を使っていたりなど、ブランドらしさが良く出ているのがこの価格帯。

また、ブランドによってはオーダーして自分好みの革靴を作ることができます。

人と被りたくない方、オリジナリティーのある革靴をお探しの方にもおすすめです。

サンタリ(SANTARI)

サンタリ(SANTARI)は、2018 年の 3 月に始動した新しい日本のブランドです。

オーダーして好みの一足を作ることができるので、自分の理想の一足を作ることができます。

また、ビスポークや最高級の靴でしか見られないハンドソーン・ウェルト製法が採用されていることも特徴です。

この製法は履き心地が柔らかく丈夫な反面、作るのにとても手間がかかるので 10 万円を優に超えることがほとんどです。

サンタリは、そんなハンドソーン・ウェルト製法の革靴を 10 万円以下で買える稀有なブランドです。

ソールやコバの仕上げもとても綺麗で、工芸品のような美しさを感じます。

オーダーしてデザインや色にこだわりたい方は、サンタリがおすすめです!

サンタリ(SANTARI)について詳しく見る

名も無きビジネスシューズ

名も無きビジネスシューズは、「LEATHER PORT」から販売されている紳士靴の名称です。

名も無き職人が作るミステリアスなブランドで、ほかのブランドでは見られないような独特でエレガンスなシルエットが魅力です。

細部の作り込みも綺麗で、見る人を圧倒するような迫力を感じます。

いくつかのデザインから自分の好きなデザインを選び、色は自由に指定することができます。

先に紹介したサンタリと同様、ハンドソーン・ウェルト製法で作られており、柔らかい履き心地も持ち合わせています。

ミステリアスでエレガンスな革靴をお探しの方は、名も無きビジネスシューズがおすすめです!

名も無きビジネスシューズについて詳しく見る

クロケット & ジョーンズ(Crockett & Jones)

クロケット & ジョーンズ(Crockett & Jones)は、創業から 100 年以上経つイギリスの老舗メーカーです。

世界中のショップの OEM(外注)メーカーとして知られ、その技術力は折り紙付きです。

採用している製法はグッドイヤー・ウェルト製法で、ソール周りのどっしりとした見た目が特徴的です。

流行りに左右されない定番デザインの革靴が多く、バリエーションも豊富です。

フォーマルで重厚感のあるビジネスシューズをお探しの方におすすめのブランドです!

クロケット & ジョーンズ(Crockett & Jones)について詳しく見る

カルミナ(CARMINA)

カルミナ(CARMINA)は、スペイン発祥の革靴ブランドです。

丈夫でがっしりとした作りをしていながら、ほっそりとしたエレガンスな雰囲気の革靴を多く取り扱っています。

デザインや素材の種類がとても豊富で、王道のクラシックデザインの革靴を見つけることができます。

アッパー(靴のソールから上側)のステッチは一糸の乱れもなく、高い裁縫の技術を持っていることがはっきり見て取れます。

定番デザインでスマートなビジネスシューズをお探しの方におすすめしたいブランドです。

カルミナ(CARMINA)について詳しく見る

フランチェスコ・べニーニョ(Francesco Benigno)

OGP:G2764-CB35 | FRANCESCO BENIGNO made in italy

フランチェスコ・べニーニョ(Francesco Benigno)は、イタリアで創業した革靴ブランドです。

このブランドの最大の特徴は、イタリア靴らしい深みのある色味です。

「パティーヌ」と呼ばれる、少しずつ色を塗り重ねる特殊な技法を使って色付けをしています。

パティーヌは、とても手間がかかる反面透明感のある美しい色味になり、見る人を惹きつけます。

履き心地が柔らかいマッケイ製法を採用しているところも、イタリアンブランドらしいところです。

イタリアらしい色気のあるカジュアルめな革靴をお探しなら、フランチェスコ・べニーニョがおすすめです!

フランチェスコ・べニーニョ(Francesco Benigno)について詳しく見る

マグナーニ(MAGNANNI)

マグナーニ(MAGNANNI)は、スペインのアルマンサという場所で創業したブランドです。

スペイン王室御用達の靴に選ばれたことがあるブランドで、厳選された素材使いや高いデザイン性が特徴です。

なかでも「オパンケ製法」を採用した靴は、一度見たら忘れられないインパクトがあります。

オパンケ製法は靴の側面にステッチが入る特殊な製法で、使いこなせるブランドはそうそうありません。

また、鮮やかな色使いをしていることもポイントです。

他人と被りたくない、足もとで個性を演出したい方におすすめのブランドです。

マグナーニ(MAGNANNI)について詳しく見る

トリッカーズ(Tricker’s)

トリッカーズ(Tricker’s)は、イギリス発祥の革靴ブランドです。

創業から 180 年以上経つ超がつくほどの老舗ブランドで、伝統的な技術を守りながら靴作りを続けています。

トリッカーズの特徴は、カントリーテイストな優しい雰囲気です。

また、耐久性や耐水性など機能面で優れた作りをしており、雨の日にガンガン履いてもへこたれることはありません!

スーツに合わせるフォーマルなドレスシューズよりも、デニムに合わせるカジュアルな雰囲気の革靴をお探しの方にぴったりのブランドです。

トリッカーズ(Tricker’s)について詳しく見る

パラブーツ(Paraboot)

パラブーツは、フランスで生まれた革靴ブランドです。

メイド・イン・フランスにこだわるブランドで、使用している材料も 70% がフランス原産だそうです。

コロンとした可愛らしい見た目が特徴で、カジュアルな雰囲気が魅力です。

「ノルウェイジャン製法」という耐水性の高い製法が採用されており、雨の日でもガンガン履けます。

都会っぽいお洒落な革靴をお探しの方には、パラブーツがぴったりです!

パラブーツ(Paraboot)について詳しく見る

ほかにも、10 万円以下で一生モノの革靴を選ぶなら、おすすめの革靴ブランドはどこ?で 6 〜 9 万円台で買えるブランドをたくさん紹介しています。

興味のある方は、あわせてご覧ください!

SNS をフォローする

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です