【保存版】スエード靴の手入れ方法。覚えておきたい 3 つの基本

表面が起毛した「スエード」を使った靴。

スエード靴は温かみのある表情が魅力ですが、一方でなんとなく手入れが難しそうなイメージがあります。

そこで、この記事ではスエード靴の手入れに必要な道具や、手入れの手順をできるだけ分かりやすく解説したいと思います。

シミがや傷がついたとき、雨に濡れたときといったトラブルへの対処方法も紹介しているので、手入れの方法に悩んだときは参考にしてみてください。

スエードとは?

革と聞くと、ほとんどの人はツヤツヤした表面の革を想像すると思います。

このツヤツヤした面は動物の状態でいうと外側(毛が生えている側)で、この面を使った革は「スムースレザー」と呼ばれています。

一方で、動物の状態でいうと内側(内臓がある側)はモジャモジャとしており、この面を使った革が「スエードレザー」です。

スエードは、一般的には「丈夫な革」と言われており、ちょっとやそっとでは破れたりひび割れたりすることはありません。

しかし、起毛しているぶん汚れがつきやすく水も染み込みやすいので、手入れをしていないとすぐに薄汚い印象になりがちです。

スエードとよく似た起毛革、ヌバック

スエードと同じ起毛革に「ヌバック」という革があります。

ヌバックは、動物の状態でいうと外側(毛が生えている側)の面を使った革です。

ただ、表面を軽く削って起毛してあるのでスムースレザーのようにツヤツヤはしておらず、スエードのようにモジャモジャとした表面をしています。

手入れの方法はスエードと同じなので、ヌバックの靴の手入れをするときでもこの記事で紹介している方法で手入れができます。

スエード靴の手入れの 3 つのポイント

スエード靴の手入れでするべきことは、主に以下の 3 つです。

  • ゴミを払い落とす
  • 潤いを与える
  • 毛並みを整える

まずは、ゴミを払い落とします。

スエードの起毛した毛先には、ホコリやチリなどのゴミがつきやすいです。

ゴミがついていると当然綺麗には見えないので、まずは靴の表面についたゴミをしっかりと払い落とします。

つぎに、潤いを与えます。

スエードに限らず、革は乾燥が進むと色があせてきます。

色あせした靴では古びた印象を与えてしまいますので、革に潤いを与えて色あせを解消し、靴の表面がきれいに発色するようにします。

仕上げに、毛並みを整えます。

スエードの毛並みが一部だけ寝てしまっていると、その部分だけ変色して見えます。

靴の一部分だけ変色して見えると、色に統一感がなくなり薄汚く見えてしまうので、寝てしまったスエードの毛並みをほぐし、毛並みの方向を整えて色に統一感を出していきます。

これらの 3 つのポイントを踏まえ、手入れの方法を紹介します。

たいていの汚れや色あせ、傷といったトラブルは、今から紹介する手入れをすればなくすことができます。

スエード靴の手入れで使う道具

スエード靴の手入れ用品は、さまざまな種類・用途の商品がいろんなメーカーから販売されています。

種類が多すぎて、どれを買えばいいのか悩んでしまいがちです。(初めてスエードを手入れするとき、私はかなり悩みました)

この記事で紹介している道具は、私がいろいろな道具を試してきたなかで「おすすめしたい!」と思った道具ばかりです。

この記事で紹介した道具でなくてはいけない、というわけではありませんが、この記事で紹介した道具さえあればスエード靴を新品のように綺麗に蘇らせることができます。

シューキーパー

まず、甲のシワをピンと伸ばして手入れをしやすくするためにシューキーパーを用意します。

シューキーパーとは木やプラスチックでできた靴の形をした道具で、靴の中に入れると形を綺麗に保ってシワを伸ばしてくれます。

スエード靴の手入れでは、ゴミを払い落とすときや毛並みを立たせるときなど、少し力を入れてブラシでブラッシングする場面があります。

このとき、シューキーパーを入れていないと、靴がペコペコと凹んでブラッシングしたときの力が加わりません。

手入れをするときは、シューキーパーを靴の中に入れておき、ブラッシングの力が靴にしっかり加わるようにしておきます。

豚毛ブラシ

豚毛ブラシを用意します。

スエード靴の手入れにおいて、豚毛ブラシには 2 つの用途があります。

1 つは「ゴミを払い落とす」です。

豚毛は程よい固さがあるため、豚毛ブラシでブラッシングするとスエードについたゴミを払い落とすことができます。

もう 1 つは「毛並みを整える」です。

起毛したカーペットを手で触って毛先の方向を変えると、色が変わって見える現象をご存知ですか?

スエードも同じように、毛並みが一部だけ違う方を向いていると変色しているように見えます。

手入れの最後で豚毛ブラシで毛並みを整えると、綺麗に仕上がります。

「ゴミを払い落とす」と「毛並みを整える」は 1 本のブラシで行うことができるので、用意するブラシは 1 本で大丈夫です。

おすすめの豚毛ブラシは、荒川産業のブリストールブラシです。

ほかのメーカーから販売されている同程度のクオリティーの豚毛ブラシよりも価格が安く、コスパが優れています。

がっしりと握れる大きい持ち手で、毛先もしっかりしているので、「ゴミを払い落とす」のも「毛並みを整える」のも効率良くおこなえます。

クレープブラシ

スエードの毛先をほぐすために使うクレープブラシを用意します。

クレープブラシとは、通常のブラシなら毛がある部分がゴムでできているブラシのことを指します。(ブラシと呼んでいいのか疑問が残るブラシです)

スエードを手入れせずに放って置くと、毛先が寝た状態で固まってしまいます。

そのため、毛並みを整える前の段階で、寝てしまった状態の毛先をほぐしておく必要があります。

ここで活躍するのがクレープブラシです。

クレープブラシを使ってスエードの毛先をほぐした後、先ほど紹介した豚毛ブラシで毛並みの方向を整えると、見違えたように綺麗になります。

ワイヤーブラシはおすすめしません!

スエードの手入れ用品に、毛先にワイヤーが使用されたワイヤーブラシというものがあります。

このブラシは革を傷つけてしまう可能性が高いのでおすすめしません。

ワイヤーブラシでも、優しく撫でるようにブラッシングすれば革に傷はつきませんが、それでは十分にゴミを払い落としたり毛先をほぐしたりすることができません。

いろいろな道具を使った結果、私の個人的な意見は「豚毛ブラシ」と「クレープブラシ」の併用がもっともスエードの手入れに適しています。

スエード専用スプレー

革に潤いを与えるために、スエード専用のスプレーを用意します。

スエードは乾燥するとすぐに色あせが目立ってきます。

保革成分を含んだスエード専用スプレーを吹くことで革に潤いを与えると、乾燥による色あせが解消されます。

また、ほとんどのスエード専用スプレーには、革を防水する効果もあります。

スエードは起毛していて水が染み込みやすいので、潤いを与えるだけでなく防水効果も兼ねたスプレーを用意しましょう。

おすすめは、モゥブレィの「スエードカラーフレッシュ」というスプレーです。

スエード専用スプレーの定番とも言える商品で、革に潤いを与える効果があるのはもちろん防水する効果もあります。

スエードカラーフレッシュには色のバリエーションがありますが、ニュートラルでも発色を良くしてくれる効果があります。

色あせがあるときでも、まずはニュートラルのスプレーを試してみるのがおすすめです。

クリームは使用しないこと

ツヤツヤした表面のスムースレザーの靴を手入れする場合、革に潤いを与えるときは乳化性クリームを使います。

乳化性クリームをスエードに塗ると毛並みがべったりと寝た状態で固まるので、スエード靴の手入れでは乳化性クリームは使用せず、スプレーを使って革に潤いを与えるようにします。

スエード靴を手入れする手順

それでは、スエード靴を手入れする手順を解説していきます。

手入れにかかる時間は、両足で約 15 分ほどです。

1. シューキーパーを入れて靴の形を保つ

まずは、靴紐を外して靴の中にシューキーパーを入れます。

シューキーパーを入れていないとペコペコしてブラッシングの力が加わりませんが、シューキーパーを入れることで形ががっしり保たれブラッシングがしやすい状態になります。

2. 豚毛ブラシでゴミを払い落とす

豚毛ブラシでスエードについたゴミを払い落とします。

スエードは毛先にゴミが絡まっていることが多いので、勢いをつけてガシッガシッとブラッシングするのがコツです。

全体をしっかりブラッシングできたら、次の手順に進みます。

3. クレープブラシで毛並みをほぐす

クレープブラシを使って、寝てしまったり固まってしまったりしているスエードの毛並みをほぐします。

クレープブラシでしっかり毛並みをほぐしておき、最後に豚毛ブラシで毛並みの方向を整えることで仕上がりが綺麗になります。

靴全体に統一感がある仕上がりにするために、クレープブラシでは靴全体をまんべんなくブラッシングします。

クレープブラシは、新品だったりしばらく使っていなかったりすると、ゴムが固まっていて使いにくいことがあります。

ゴムが固まっているときは、使用する前にゴムを手でほぐしておきましょう。

ブラッシングは、毛先をガサガサと起こすようなイメージでスナップを効かせておこなうのがコツです。

イマイチ使い方がぴんとこないときは、この項目の最後にある動画を参考にしてみてください。

この段階では、汚れが落ちてスエードの毛並みがほぐれている状態ですが、毛並みの方向が整っていないのであまり綺麗には見えません。

4. スプレーで革に潤いを与える

次に、スプレーを使って革に潤いを与えます。

スプレーの種類によって使い方は多少異なりますが、この記事ではモゥブレィのスエードカラーフレッシュを使って手順を紹介します。

スエードカラーフレッシュは、以下のような使い方をします。

  • 使用する際、スプレーは振らない。
  • 50cm 以上離して、素早く 3 回全体をスプレーする。
  • スプレーしたあと、30 分以上乾かす。

5. 豚毛ブラシで毛並みを整える

最後に、豚毛ブラシを使って毛並みを整えます。

毛並みの方向を揃えることで仕上がりが綺麗になります。

ホコリを落とすのに使用した豚毛ブラシと同じものを使う場合は、手ではたいてブラシの毛先についたゴミを落としておきます。

前から後ろに流すようにブラッシングすると、全体の毛先が揃って綺麗に見えます。

これでスエード靴の手入れは完了です!

ビフォーアフター

下の写真は、手入れをする前のスエード靴の例の写真です。

手入れをする前のスエード靴の例

手入れをする前はゴミがついていて毛並みも整っておらず、さらに色もあせています。お世辞にも綺麗とは言えない状態です。

続いて、下の写真は手入れをした後のスエード靴の写真です。

手入れをした後のスエード靴の例

スエードについていたゴミが取れ、またスエードの毛並みが整っているので発色も良くなっています。

ここでご紹介した手入れを月 1 度ほどの頻度でしていれば、常に綺麗な状態をキープすることができます。

「スエード靴を手入れのする方法」の動画はこちら

手入れの手順は動画にもしています。

ブラッシングの仕方や力加減など、道具の使い方の雰囲気はこちらのほうがわかりやすいかもしれません。

スエード靴に起きるトラブルの対処法まとめ

スエード靴は色あせやカビ、シミなどさまざまなトラブルが起きやすい革です。

上で紹介した手入れ方法で解決できるものもあれば、別の対処が必要なものもあります。

ここからは、スエード靴にありがちなトラブルと、その対処法をご紹介します。

色あせ、色落ちがひどいとき

スエード靴にもっともありがちなトラブルが「色あせ」です。

靴全体の色の発色がなくなり、うっすらと色がはげているような状態です。

色あせや色落ちの原因は、乾燥や経年劣化などが考えられます。

(全体的ではなく一部だけ色がはげて見えるような場合は、傷がついて毛並みが寝てしまっている可能性が高いので「[傷やテカリがあるとき](ジャンプ)」を参照ください)

色あせや色落ちは、スエード専用のスプレーを使えば綺麗な発色に元どおりです。

スエード専用スプレーは上で紹介した手入れ方法で使用しています。色あせ、色落ちがあるときは、まず上で紹介した手入れ方法を試してみてください。

「スエード靴を手入れする方法」に戻る

上で紹介した手入れをしても色あせ、色落ちがなくならないときは、ニュートラルではなく色がついたスエード専用スプレーを使ってみましょう。

色が付いたスプレーの方が補色する効果が高いので、よりしっかりと色が戻ります。

ちなみに、液体で補色するタイプのスエード手入れ用品もありますが、スプレーに比べて色ムラができやすいのでおすすめしません。

傷やテカリがあるとき

スエードは、こすったりぶつけたりすると傷やテカリができます。

下の写真は、強くこすってテカリができたときの例です。

傷やテカリの原因は、スエードの毛並みが荒れていたり寝ていたりしていることです。

そのため、手入れの手順「3. クレープブラシで毛並みをほぐす」を入念におこなうことで、たいていの傷やテカリはきれいになくなってくれます。

「スエード靴を手入れする方法」に戻る

汚れやシミがついたとき

気がつかないうちにスエード靴に汚れやシミがついていることがあります。

たいていの汚れやシミは上で紹介した手入れ方法できれいになると思います。

「スエード靴を手入れする方法」に戻る

ただ、きちんと手入れをしてもきれいにならないこともあります。きれいにならないときは、革の繊維に不純物が浸透してしまっている可能性があります。

そんなときは、靴を丸ごと水で洗う「水洗い」をするときれいになります。

水洗いする方法は後ほど詳しく解説します。

「スエード靴を水洗いする方法」へジャンプ

カビが生えたとき

スエード靴にカビが生えたときも「水洗い」するのが効果的です。

カビは、サッと拭き取るだけだと同じところに再度カビが生えてきます。これは、目に見えているカビが取れても、目に見えない小さなカビ菌が取れていないからです。

そのため、カビを綺麗にするときは、目に見えない小さなカビ菌までしっかり落としきらなくてはいけません。

後ほど解説する「水洗い」をすることで、目に見えないカビ菌もきれいに洗い流すことができます。

「スエード靴を水洗いする方法」へジャンプ

毛羽立ちが目立つとき

スエードを長く履いていると、表面が毛羽立ちしてきます。

毛並みがボソボソとしてきて、まるで使い古したセーターのようななんともかっこ悪い見た目です。

毛羽立ちは、ライターで炙ると綺麗になくなります。

ゆらゆらとライターを動かしながら満遍なく火を当てるイメージです。

一部分だけに火を当て続けると焦げてしまうので、注意が必要です!

また、縫い目の周りに火を当てると糸が焼けてしまうので、縫い目周りには火を当てないようにしてください。

焼いたあとのチリを手や豚毛ブラシでパパッと払えば、こんな感じで綺麗になります。

毛羽立ちが目立つようなら、ぜひ試してみてください。

雨に濡れたときの正しい乾かし方

スエード靴が雨に濡れてしまったら「正しい乾かし方」をすることが大切です。

スエードに限った話ではありませんが、革は濡れると変形・硬化する性質があります。

濡れたまま何もせずに放っておくと、型崩れしたままの状態で革が硬くなり履き心地が悪くなってしまいます。

また、中途半端な乾かし方をするとカビが生えやすくなるので、カビの予防のためにもしっかり乾かすことが大事です。

乾かすときは、まず新聞紙などをまるめて靴の中に詰めます。

新聞紙が靴の中の湿気を吸い取ってくれるため、乾くのが早くなります。

新聞紙を入れたら、風通しの良い日陰で干します。

濡れ具合にもよりますが、びっしょり濡れていても 1 日程置いておけば、半乾きの状態になります。

その間、新聞紙は 2 〜 3 時間くらいを目安にこまめに取り替えるようにします(新聞紙を入れっぱなしにしていると、濡れた新聞紙が逆に靴の中の湿度を高めてしまいカビが生えてしまいます)。

1 日置いて半乾きの状態になったら、今度はシューキーパーを入れて完全に乾くまで干します。

シューキーパーを入れることで、型崩れを防ぎながら乾かすことができます。

日陰で 1 日ほど干しておけば完全に乾きます。

スエードは起毛しているので、スムースレザーに比べると水が染みやすい素材です。

この記事の手入れ方法で使用しているスエード専用スプレーには防水効果もあるので、事前にスプレーを使って雨に降られても大丈夫なように防水おきましょう。

スエード靴を水洗いする方法

スエード靴を水洗いする方法をご紹介します。

水洗いすることで、手入れでは落とせないシミや汚れ、カビを落とすことができます。

スエード靴の水洗いで使う道具

水洗いで使う道具には、

  • 水洗いの前に使用する道具(豚毛ブラシ)
  • 水洗いの最中に使用する道具(バケツやスポンジなど)
  • 水洗いを終えた後の仕上げの手入れで使用する道具(クレープブラシやスプレーなど)

があります。

水洗いの前に使用する道具と水洗いを終えた後の仕上げの手入れで使う道具については、「スエード靴の手入れで使う道具」をご覧ください。

水洗いの最中に使用する道具としては、以下のものを用意します。

バケツやスポンジなど、ほとんどのものは 100 均で揃えることができます。

大きめのバケツ

靴が一足すっぽり入るくらいの大きさのバケツを用意します。

タライでも構いません。

食器洗い用のスポンジ

食器洗いに使うようなスポンジを用意します。

スポンジを使って、ゴシゴシと洗ってカビや汚れを落とします。

歯ブラシ

スエードの毛並みに入り込んだ汚れを落とすために歯ブラシを用意します。

スエードの水洗い専用のクリーニングブラシも販売されていますが、歯ブラシでも十分です。

タオル

水洗いをしたあと水気を拭き取るためにタオルを用意します。

この記事では室内で水洗いをしているので、周りが濡れないように下に敷く用のタオルも用意しました。

新聞紙

新聞紙は、水洗いをしたあと靴の中に入れて湿気を吸い取るのに使用します。

新聞をとっていない方は、100 均で他の道具を揃えるついでに包装用の新聞紙(食器とかを包むやつ)を貰ってくるといいかもしれません。

スエード専用シャンプー

スエード専用のシャンプーを用意します。これだけは 100 均では買えないので、Amazon や楽天などで用意します。

この記事では、モゥブレィから販売されている「スエード & ヌバックシャンプー」を使って水洗いの方法を解説します。

スエード & ヌバックシャンプーは、名称の通りスエードやヌバックなどの起毛した革専用のシャンプーです。

革専用に作られたシャンプーなので、革を傷めることなく安心して使うことができます。

水洗いの手順

水洗いの手順を紹介します。

手入れにかかる時間は、両足合わせて 30 分から 1 時間くらいはみておきます。

また、乾かすのに 2 〜 3 日かかるので、すぐに履かなくてもいいタイミングで水洗いしましょう。

1. 豚毛ブラシでゴミを払い落とす

まずは、豚毛ブラシで靴についたゴミを簡単に払い落とします。

大きなゴミを最初に払い落としておくと、シャンプーで洗いやすくなります。

2. バケツにお湯をはり、靴を浸す

ぬるま湯をはったバケツを用意して靴を浸けます。

5 分ほど浸けておくと、汚れが浮いてきて綺麗にしやすくなります。

周りがビチャビチャにならないよう、室内でおこなう場合はタオルなど敷いておきましょう。お風呂場でやるのもアリです。

3. シャンプーで靴を洗う

スポンジを濡らし、スエード & ヌバックシャンプーを取って泡立てます。

泡立てたスポンジで全体を優しく洗います。

靴が臭うときは、靴の内側もついでに洗っておきましょう。

スポンジだけでは毛の奥深くに入り込んだ汚れまで取れないので、歯ブラシを使って優しく全体をゴシゴシします。

4. 泡を洗い流す

全体を洗い終わったら、水で泡を洗い流します。

泡を洗い流しきれていないと残った泡がシミになってしまうことがあります。

泡の流し残しがないようしっかり泡を落としておきましょう。

泡を洗い流したら、タオルで水気を拭き取ります。

5. 水洗いで濡れた靴を乾かす

タオルで水気を取ったら、新聞紙を詰めて風通しのいいところで陰干しします。

新聞紙を入れっぱなしにしていると、濡れた新聞紙が靴の中の湿度を高めてしまいカビが生えてしまうことがあります。

2 〜 3 時間くらいを目安にこまめに取り替えることができればベストです。

2 日ほど置いておくと半乾きの状態になるので、次は型崩れ防止のためにシューキーパーを入れてさらに 1 日陰干しします。

靴の中を触って湿気がなければ完全に乾いているので、仕上げの手入れに進みます。

6. 仕上げの手入れ

乾かしたあとはスエードの毛並みが固まっているので、まずはクレープブラシでブラッシングをして毛並みをほぐします。

次に、スエード専用スプレーを使って革に潤いを与えます。

水洗いをすると、乾かす過程で革の水分や油分が抜け落ちて乾燥が進みやすいので、潤いを与えて色あせを防止します。

この記事で使用しているモゥブレィの「スエードカラーフレッシュ」の使い方は以下です。

  • 使用する際、スプレーは振らない。
  • 50cm 以上離して、素早く 3 回全体をスプレーする。
  • スプレーしたあと、30 分以上乾かす。

最後に、豚毛ブラシを使ってスエードの毛並みを整えます。

前から後ろに流すようにブラッシングすると、全体の毛先が揃って綺麗に見えます。

これで、水洗いの全行程が完了です!

「スエード靴を水洗いする方法」の動画はこちら

「スエード靴を水洗いする方法」の動画はこちらです。

スポンジや歯ブラシでゴシゴシするときの力加減など、洗い方の雰囲気が伝わるかと思います。

おわりに

スエードの温かみのある表情は、スエード靴でしか味わえません。

そして、このスエード独自の良さを最大限に楽しむためには、手入れが欠かせません。

「汚れが目立ってきたな」「全然手入れしていないな」というときは、この記事を参考にして手入れしてみてください。

手入れが難しそうに思うかもしれませんが、やってみると案外簡単です。

しかも見違えるように綺麗になるので、今まで靴の手入れをしたことがない方でも気軽に試してみてください!

この記事を書いた人

カタオカケン

東京在住、靴作りに勤しむ 28 歳です。作るのはもちろん、靴を眺めたり、靴を磨いたりするのも好きです。鏡面磨きはなかなか上手くできません。

SNS をフォローする

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です