【革靴図鑑 No.18】CARMINA Quarter Brogue カルミナ クォーターブローグ

2018 年 6 月 27 日に池袋にておこなった靴磨きイベントの開催前に、サファイア @wax_sapphire さんの靴を撮影させて頂きました。*

サファイアさんありがとうございます!


スペインの小さな島で生まれ、150 年にも渡り靴を作り続けた一族。

その靴は、英国靴をも凌ぎます。

今回はスペイン発祥の靴ブランド、CARMINA(カルミナ)のクォーターブローグをご紹介します。

CARMINA(カルミナ)のクォーターブローグ

カルミナは、スペインのマヨルカ島で生まれた靴ブランドです。

創業は 1866 年。なんと「革靴の王様」と称されるジョン・ロブと全く同じ年に創業したというから驚きです。

6 世代にも渡って家族経営され、靴作りの技術は世代を超えて受け継がれています。

150 年以上もの間培われてきた技術が結集し、1997 年に新たに立ち上げられたブランドがカルミナです。

その長い歴史を裏付けるかのような丁寧な作りで、アッパーの一糸乱れぬステッチワーク、コバやヒールの仕上げは見事です。

ステッチワークとコバやヒールの仕上げは非常に丁寧です。

作りの丁寧さはもちろんのこと、木型の美しさにも注目です。

この靴に使用されているのは、レインラスト(Rain Last)と呼ばれるセミスクエアトゥの木型です。

程よい丸みを帯びたトゥと甲の長さはバランスが良く、クセのない美しい形状です。

程よい丸みのセミスクエアトゥ。

さすがはヨーロッパのメーカー、革質も申し分なくキメがとても細かいです。

ミュージアムカーフの色むらは大人っぽい雰囲気で、クォーターブローグのデザインともマッチしています。

ミュージアムカーフはキメの細かいです。

インソールパッド(かかとが当たる部分)にはアッパーと同じレザーが使われ、脱いだときにも靴を良く魅せるこだわりが見てとれます。

インソールパッドは、アッパーと同じレザーを使用しています。

グッドイヤー・ウェルト製法で作られており、修理しながら長く履けるのもポイントです。

最近日本語の CARMINA 公式サイトがオープンしたようです。気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

この靴のサイズ感

下記は、私が普段着用している靴のサイズ表です。

単位 サイズ
cm 25.5 〜 26.0
UK 7E
US 7.5D 〜 8D
EUR 40.5 〜 41

この靴のサイズ 7 を試着させて頂いたのですが、甲に少し余裕があり 6.5 が合うと思いました。

私は足の甲が低く、甲が締まりきらないことがよくあります。

甲の高さが普通かそれ以上の方であれば、普段選んでいる UK サイズと同じサイズを選べば、ちょうどいいサイズ感になるかと思います。

ギャラリー

この記事を書いた人

カタオカケン

東京在住、靴作りに勤しむ 27 歳です。作るのはもちろん、靴を眺めたり、靴を磨いたりするのも好きです。鏡面磨きはなかなか上手くできません。

SNS をフォローする

コメントはこちらから