【革靴図鑑 No.1】VASS × Roberto Ugolini ヴァーシュ × ロベルト・ウゴリーニ

ハンガリーの靴工房とイタリアのビスポーク職人のコラボレーション

ヴァーシュ(VASS)は、ハンガリー・ブダペストに店を構えるファクトリーブランドです。製作のほとんどを手作りで行なっており、東欧屈指の技術力を誇ります。

一方、ロベルト・ウゴリーニ(Roberto Ugolini)氏は、イタリア・フィレンツェの靴職人。彼が作る美しくイタリアらしいビスポークは世界中を魅了し、何人もの著名な靴職人が同氏のもとで修行を積んでいます。

高い技術力をもつ工房と、イタリアのビスポークの美意識がコラボレーションして生まれたのが、こちらの一足です。

ロベルト・ウゴリーニ氏が木型をプロデュースし、ヴァーシュが製作しています。

美しいシルエット

立体感のある形状で、正面から見ると甲の立ち上がりが独特です。このねじれるような甲の立ち上がりによって、美しいシルエットが生まれています。

甲のねじれるような立ち上がり

通常、ライニングの縫い目は内側の両サイドにありますが、この靴は羽根の裏に縫い目があり、その縫い目がベロで隠れるようになっています。足あたりを少しでも良くするためのこだわりを感じとることができます。インソールはフルソック仕様。

左:ベロでライニングの縫い目が隠れた状態 右:ちょうどベロで隠れる位置に縫い目がある
フルソック仕様

アウトソールは、耐久性のあるレンデンバッハ製のオークバークで、縫い目を隠すヒドゥン・チャネル仕様です。

ヒドゥン・チャネル

この靴のサイズ感

この靴は、ウゴリーニ(Ugolini)の “U” より命名された、 U ラストが使用されています。

下記は、私が普段着用している靴のサイズ表です。

単位 サイズ
cm 25.5 〜 26.0
UK 7E
US 7.5D 〜 8D
EUR 40.5 〜 41

今回着用している靴のサイズは EUR 41 です。

つま先が狭く感じましたが、履いているうちに馴染む程度だと思います。ウェストガースが比較的狭いので、普段履いているサイズと同じか、もしくはハーフサイズ上げてもいいかも知れません。

ちなみに、VASS が扱っているU、K、Fラストは、全てウゴリーニ氏がデザインした木型だそうです。

ギャラリー

この記事を書いた人

カタオカケン

東京在住、靴作りに勤しむ 27 歳です。作るのはもちろん、靴を眺めたり、靴を磨いたりするのも好きです。鏡面磨きはなかなか上手くできません。

SNS をフォローする

コメントはこちらから