【革靴図鑑 No.5】Wild 3 Eyelet Darby 野生の 3 アイレットダービー

エレガントさを意識したプレーントゥ ダービー

私が作った 3 アイレットのプレーントゥ ダービーです。

機械による量産が始まる前に主流だった、ハンドソーン・ウェルト製法という伝統的な手縫いによる製法で作りました。出し縫いと呼ばれるコバ周りのステッチも手縫いです。

延べ 100 時間ほどかけて製作しました。

アッパーには、世界的に有名なタンナーであるフランス・アノネイ社のブラウンカーフレザーを使用しています。つま先は少しだけ角の張ったチゼルトゥです。
出し縫い(コバのギザギザした部分)は、比較的細かい #10(1 インチにつき 10 針)で縫いました。細かければ細かいほど、フォーマルな見た目になると言われています。

全周の縫い目を揃えながら均等な力で縫うのは難しく、かなり時間がかかりました。今回はコバを黒で染めたので、縫い目が多少ズレていたとしても比較的目立ちにくいですが、薄い色だと綺麗に仕上がらなかったかもしれません。

いかに早く、縫い目を揃えながら均等に縫うか、今後の課題です。

デザインはダービー(外羽根)を採用しました。アイレットを 3 つにして羽根を小さめにしヴァンプを長めに見せることで、比較的カジュアルと言われるダービーをエレガントに見せるように工夫しています。
ソールは、全体を黒く染めたカラス仕上げです。ウェストには、当ブログのタイトル「IO」の飾り釘をつけました。

釘打ちは、少し力加減を間違えると歪んでしまいます。個人的には、ウェストの飾り釘は手作業の雰囲気が残る、今後も多用したい好きな仕様なので、綺麗に打てるようになるために数をこなす必要がありそうです。

この靴のサイズ感

サイズは 25.5 〜 26.0cm 程度で、ワイズは D 〜 E です。

下記は、私が普段着用している靴のサイズ表で、この靴はこれらと同等のサイズ感です。

単位 サイズ
cm 25.5 〜 26.0
UK 7E
US 7.5D 〜 8D
EUR 40.5 〜 41

ギャラリー

関連記事

【革靴図鑑 No.25】Coin Loafer in the Wild 野生のコインローファー

【革靴図鑑 No.25】Coin Loafer in the Wild 野生のコインローファー

【革靴図鑑 No.4】George Cleverly Anthony Cleverly BODIE ジョージ・クレバリー アンソニー・クレバリー ボーディ

【革靴図鑑 No.4】George Cleverly Anthony Cleverly BODIE ジョージ・クレバリー アンソニー・クレバリー ボーディ

【革靴図鑑 No.20】大塚商店(現:大塚製靴)ビンテージ チェルシーブーツ

【革靴図鑑 No.20】大塚商店(現:大塚製靴)ビンテージ チェルシーブーツ

【革靴図鑑 No.17】名も無きビジネスシューズ 内羽根フルブローグ

【革靴図鑑 No.17】名も無きビジネスシューズ 内羽根フルブローグ

【革靴図鑑 No.9】Tricker’s BURTONトリッカーズ バートン

【革靴図鑑 No.9】Tricker’s BURTONトリッカーズ バートン

【革靴図鑑 No.19】N.TUCZEK Lazy Man ニコラス・タックゼック レイジーマン

【革靴図鑑 No.19】N.TUCZEK Lazy Man ニコラス・タックゼック レイジーマン

コメント一覧

  1. Twitterから来てこの記事を見せて頂きました。
    滅多に聞かない総手縫いっていうのも凄いのですけど、フォルムが凄くきれいですね!
    特に最近よくある鋭角過ぎるのとは違った、柔らかなチゼルが素敵です。

    これは木型からつくられてるんでしょうか?

    1. ご覧頂きまして、ありがとうございます!
      たしかに、チゼルトゥといえばシャープに角が張ったものが多いですよね。

      この木型は、私自身が作ったものではなく、プロの靴職人の方が設計したもので、それをベースにこの靴を製作しております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です