【革靴図鑑 No.2】Berluti Alessandro Capri ベルルッティ アレッサンドロ カプリ

パリの名店 ベルルッティの代表作、アレッサンドロ

アレッサンドロ (ALESSANDRO)は、ブランドの創立者であるアレッサンドロ・ベルルッティが 1895 年にデザインした、ベルルッティの代表作です。

余計な装飾を取り払った、一枚革のホールカットシューズです。装飾がないシンプルなデザインだからこそ、木型の造形美が全面に打ち出されてます。

縫い目のないホールカット

ひときわ目を引くのは、つま先の形状です。横から見ると角が張ったチゼルトゥで、上や正面から見ると少し斜めにカットされたような形状をしています。

上から見ると少し角度がついたつま先

ベルルッティはパティーヌで有名ですが、あえて黒にすることで革の質感をはっきりと感じ取ることができます。インソールはフルソック仕様。

インソール

この靴のサイズ感

下記は、私が普段着用している靴のサイズ表です。

単位 サイズ
cm 25.5 〜 26.0
UK 7E
US 7.5D 〜 8D
EUR 40.5 〜 41

写真に映っている靴のサイズは 7.5 です。かかとが小さめに作られており、しっかりとホールドされている感じがしました。つま先のスペースは、窮屈でもなく、かといって余っているわけでもない、ちょうどいいぐらいでした。

ギャラリー

この記事を書いた人

カタオカケン

東京在住、靴作りに勤しむ 27 歳です。作るのはもちろん、靴を眺めたり、靴を磨いたりするのも好きです。鏡面磨きはなかなか上手くできません。

SNS をフォローする

コメントはこちらから